林の錬金術師

徐かなることは林のごとく・・・・・

第931回 仮想思考


190117








日経平均20,402.3
TOPIX1,543.2
騰落レシオ76.3%
RSI68.3%
乖離率0.98%
売買指数11




米国市場が続伸したことから、日本市場も上抜けの可能性が出てきた。

が、結果としては、上値抵抗線を突破できなかった。

売買代金が2兆円に達しない現状では、仕方がないことだろう。




続きを読む

第930回 法と術


190116








日経平均20,442.7
TOPIX1,537.8
騰落レシオ71.8%
RSI71.0%
乖離率1.67%
売買指数△2





米国市場は続伸し、ドル円も安定してきた。

こうなってくると、クリスマスの日が最良の買場だったようで、サンタがクリスマスプレゼントを渡してくれたことになる。

大人はプレゼントを渡す方なので、貰い方を忘れてしまったと悔やむ人が多いだろう。




続きを読む

第929回 前場で重要なのは9時から9時20分くらいまで

190115








日経平均20,555.3
TOPIX1,542.7
騰落レシオ68.9%
RSI54.9%
乖離率2.83%
売買指数1






連休中の米国市場は小幅反落だったが、ドル円が強くなっていた。

この為、シカゴCMEは、20,100円程度まで売られる展開になってしまっていた。

ただ、徐々に動きが落ち着き始めていることは、確かであろう。






続きを読む

第928回 盲目の資金が動くところが儲かりどころ



190112









 +2σ+1σ基準キジュンセン-1σ-2σ
シュウアシ今週コンシュウ24,55023,20022,00020,50019,200
先週センシュウ24,56623,27721,98920,70019,411
ツキアシ今週コンシュウ24,30023,04021,75020,50019,200




戻し途中の日経平均である。



さて、今週も先週に引き続いて、週足-1σである20,500円奪還による週足の下降トレンド否定にかかっている。

日足ベースでは、既に日足-1σを否定できていることが、支援材料と言えるところである。

が、逆に、月足-1σが20,500円にあり、月足ベースでの下降トレンドをも同時に否定しなければならないところが悪材料と言える。

ただ、月足はまだ上昇波動であるため、月後半になれば、上値圧力も後退することになるだろう。




続きを読む

第927回 人が恐怖を感じているときがチャンスとなる


190111








日経平均20,359.7
TOPIX1,529.7
騰落レシオ69.4%
RSI49.6%
乖離率2.03%
売買指数△6





プチSQ当日であり、3連休前の東京市場は小動きに終始した。

先の暴落で、売りたい人は売り切っていることから、動き難いのは当然である。

次に新たな展開が生じるのは、売買代金が増加したとき、つまり新しい需給の動きが発生したときとなる。




続きを読む
最新コメント
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
楽天市場
メンバーリスト
  • ライブドアブログ