林の錬金術師

徐かなることは林のごとく・・・・・

第210回 続・7974任天堂


160719







日経平均16,723.3
TOPIX1,331.4
騰落レシオ116.3%
RSI71.9%
乖離率5.21%
売買指数137



通常、物色対象の広がりは、相場の終焉を意味する。

広がり過ぎて騰げ切れなくなったとき、見切りの早い投資家から利確に動く。

この動きが雪崩となり、物色対象から外れてしまうのである。

今回の7974任天堂もそろそろだと思うが、まだはもうなり、もうはまだなりである。

続きを読む

第209回 7974任天堂

160718上放れてくれた日経平均である。

日足+2σの16,515円にタッチして先週の取引を終えている。

現値16,497円は、週足基準線の16,282円を上回り、+1σの16,900円を狙える位置になっているが、これ以上の急騰は日足+2σを突き抜ける形となってしまう。

売買代金が少ないことから、ここからの急騰は絶好の売場になってしまうため、オーバーペースは禁物である。

ただ、日足ボリンジャーバンドも、ここから収縮から拡大へと転換する。

だから、週初の上値追いは難しくても、日を追うごとに上値追いは期待できるということである。

しかし、今年に入って17,000円超で上値が抑えられているのは、嫌な傾向である。

チャート的には、日足ですら未だに下値切り上げ型になっておらず、上値追いを狙える支援材料になっていない。

以上のことから、ここからは騰がれば騰がるほど、持ち高を減らし、押し目を狙う戦法の方が良いだろう。



続きを読む

第208回 返事ミスった!?



160715







日経平均16,497.8
TOPIX1,317.3
騰落レシオ102.8%
RSI70.4%
乖離率4.41%
売買指数93



よろずのの話題が出て、嫉妬から結衣に対して少し意地悪をしたくなった林野は、このタイミングで重要なことを打ち明けた。


「すみません、実は今日、仕事9時までなんです。」

「あ、そうなんですか!全然大丈夫ですよ。」


手を振って笑顔で答える結衣である。

仕事だからワガママ言ってはいけないと思い、林野に気を使わせまいと敢えて期待してなかったフリを咄嗟にしたのである。


続きを読む

第207回 疑問が分かるみたい


160714







日経平均16,385.9
TOPIX1,311.2
騰落レシオ99.9%
RSI69.0%
乖離率4.26%
売買指数149



文系人は、余り研究が得意でないらしい。

結衣の知ったことであるが、実際は少し違う。

実は、得意ではないと言うより、研究と言うものをやったことが無いだけなのである。

大学時代と言っても、文系であれば講義に出るだけで事足り、それ以上を要求されることは少ない。

やったことが無いものは、不得意なのは当たり前である。

続きを読む

第206回 類似性と再現性



160713






日経平均16,231.4
TOPIX1,300.3
騰落レシオ95.0%
RSI70.2%
乖離率3.76%
売買指数143



昨日の時点で、チャート的には目先頭打ちとなる水準だった。

しかし、シカゴCMEの続伸、円安ドル高と言う外部支援を受けて、頭打ち感を打ち破って今日は上昇した。

材料はチャートを破るの言葉通りである。

そして3連騰となった日本市場だが、チャートだけでなく指数的にも過熱感が出て来た。

このタイミングで慌てて買いに入るより、押し目を待つべきだと思うのだが、さてどうだろうか?


続きを読む
最新コメント
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
楽天市場
メンバーリスト
  • ライブドアブログ