林の錬金術師

徐かなることは林のごとく・・・・・

第78回 凧糸と種銭は出し切るな!


160209









日経平均16,085.4
TOPIX1,304.3
騰落レシオ63.4%
RSI37.0%
乖離率△5.98%
売買指数△106


阿鼻叫喚の渦である。

何人の投資家が諦めの境地になり、何人の投資家が相場を去ったか・・・・。

ここで諦めていては、何にもならない。

続きを読む

第77回 6753シャープ


160208









日経平均17,004.3
TOPIX1,380.4
騰落レシオ64.3%
RSI50.7%
乖離率△1.15%
売買指数42



再び下値模索を疑わせる動きになってきた日経平均である。

余裕綽々であった浅井も、今回ばかりは困った状況に陥っている。

と言うのも、黒田バズーガーの時に買い増しして、既に資金が尽きているのである。

余裕がない中で、含み損が拡大する恐怖は、筆舌に尽くしがたいものである。

しかしこの男は、狼狽する素振りを見せず、ただ頭を掻くだけであった。



続きを読む

第76回 原油価格



160207










やはり、先入観が強過ぎるのは、読み誤る原因となった。

黒田バズーガー第一弾後は、押し目無く上昇したことから、下値不安は無いものとしていたが、完全な失敗だった。


そこで黒田バズーガーを無視して相場の展開を考えると、今週の週足-2σは16,000円前後まで下落して来る。

今回の下落は二番底と考えられるため、先の下値と同水準となるこの16,000円前後が強く意識されるだろう。

また、今の問題として、チャートの目安を尽く下回っている状況から、チャートから買い場を探るのは難しくなってきている。

こういう時は、過去の経験から日柄で動く方が良くなる。

先の高値は12月1日(火)の20,012円である。

そこから週明け2月8日(月)は45日目に当たり、期間的には長過ぎるものになっている。

そこで、16,017円を付けた1月21日(木)でトレンド転換していると仮定すれば、その日は33日目となり、一目均衡表の転換点となる。

つまり、今は反発相場の押し目形成段階と理解する方が、理解し易い。

となると、その後8日間反騰し、現在5日間下落しているため、残りは4日程度と思われる。

そこで今回の買い増しは、16,000円を下回らないということで、再びの16,500円割れで、水、金曜日辺りで良いと考えられる。

また、そうならなければ、無理して買い増しする必要も無いだろう。


続きを読む

第75回 リスクヘッジ


160204









日経平均16,816.9
TOPIX1,369.0
騰落レシオ63.0%
RSI60.1%
乖離率△2.21%
売買指数△3



相場の世界に入るべきかどうか?

これは、ハイリスクの世界に足を踏み入れるべきかどうか?と言うのと同じである。

元来、人は様々なリスクと共に生活し、発展してきた。


続きを読む

第74回 恐怖は立方体



160204









日経平均17,045.0
TOPIX1,388.8
騰落レシオ70.2%
RSI57.6%
乖離率△0.47%
売買指数△3



佳奈が父親から教えられた一つに、恐怖は立方体だと言うのがある。

投資をしている時に最も邪魔をするのが、内なる敵、つまり恐怖心だと言うことである。


「何それ?お父さん。」

続きを読む
最新コメント
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
楽天市場
メンバーリスト
  • ライブドアブログ