林の錬金術師

徐かなることは林のごとく・・・・・

第935回 運命の分かれ道はクリスマスだった


190122








日経平均20,622.9
TOPIX1,556.4
騰落レシオ90.2%
RSI75.4%
乖離率1.00%
売買指数11





2228シベールの倒産で大損害を被った結衣である。

18日(金)はストップ安の1,030円。

そして昨日の21日(月)に、値幅制限が解除された結果の169円で撤退して、11万円が確定されたのであった。





続きを読む

第934回 2228シベール



190121








日経平均20,719.0
TOPIX1,566.4
騰落レシオ87.1%
RSI64.4%
乖離率1.95%
売買指数30





週末の米国市場は大幅続伸。

シカゴCMEも、+295円の20,925円まで上昇している。

日経平均21,000円奪還も、そう遠くは無いように思える。



続きを読む

第933回 過ぎたるは及ばざるが如し


190119









 +2σ+1σ基準キジュンセン-1σ-2σ
シュウアシ今週コンシュウ24,48623,18221,87920,57519,271
先週センシュウ24,56623,27721,98920,70019,411
ツキアシ今週コンシュウ24,28123,02921,77720,52519,272




外部環境の好転を受けて、上値抵抗線を抜けそうな日経平均である。

先週末に、上値抵抗線として機能していた週足-1σが20,450円に下がり、月足-1σが20,550円と上がったことで、頑強であった20,500円が分散されたことで20,666円まで上昇した。

そこで今週は、今度は、この20,500円前後がの価格が下値支持帯として機能してくれる。

そして次の上値抵抗帯は、先の相場で出来高帯としてある21,000円となるだろう。

これを突破するためには、戻り待ちの売りをこなすだけの売買代金が必要となり、現在の2兆円規模ではしんどいのではないかと思われる。

正直、21,000円を上抜けするには、2.5兆円は欲しいところである。



続きを読む

第932回 カウンティング


190118








日経平均20,666.1
TOPIX1,557.6
騰落レシオ84.4%
RSI62.0%
乖離率2.02%
売買指数12






米国市場は、続伸となった。

これだけ米国が強ければ、日本も上値抵抗線を抜ける環境が整いつつある。

あと必要な条件は、売買代金か・・・・。




続きを読む

第931回 仮想思考


190117








日経平均20,402.3
TOPIX1,543.2
騰落レシオ76.3%
RSI68.3%
乖離率0.98%
売買指数11




米国市場が続伸したことから、日本市場も上抜けの可能性が出てきた。

が、結果としては、上値抵抗線を突破できなかった。

売買代金が2兆円に達しない現状では、仕方がないことだろう。




続きを読む
最新コメント
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
楽天市場
メンバーリスト
  • ライブドアブログ