林の錬金術師

徐かなることは林のごとく・・・・・

第10回 投資は1%のセンスと99%の努力


151119











日経平均19,859.8
TOPIX1,600.4
騰落レシオ132.2%
RSI80.3%
乖離率1.51%
売買指数99



京都の繁華街は四条河原町、祇園、先斗町界隈である。


京都駅はそこから大きく外れ(市バスで6停留所分)ており、飲み屋とかも余り無かったが、ここ最近の京都駅前の再開発で増加しているのである。

 



「お待たせしました。」




店員が、林野が注文した生中を持ってきてくれた。




「じゃ、かんぱーい!」




言いながら二人はジョッキを合わせた、直後に、




「おつかれさまぁー。」




と、彼女が付け加えてくれた一言を嬉しく感じるのが独身中年男の証である。




「あたし、証券会社の人って、みんな投資のプロだと思ってました。」



「僕もプロだと思ってましたよ、その頃は。でも、実際投資やったら、それが勘違いだと思い知らされました。」




苦笑いしながら、林野が言う。




続きを読む

第10回 基準が大事



151118











日経平均19,649.2
TOPIX1,586.5
騰落レシオ117.9%
RSI80.7%
乖離率0.87%
売買指数46



『花の舞』は、3178チムニーの主力業態である。


通常店舗は『はなの舞』と言うのだが、何故か京都駅前店は漢字である。




「早かったですね。もう少しかかるのかと思ってました。」




彼女が先に話し掛けてくれた。


林野は、何から話し掛けようかと迷っていたところだったので、ラッキーと思った。




「バス停に着いたら丁度バスが来たんで。」




『早足で急いで来た』と言う事実は、当然林野は心にしまい込んだ。




「運が良かったですね。」

 


「はい、あ・・・。」




ニコッと笑いながら彼女が返してくれたので、林野は彼女の笑顔に見とれて、ついつい緊張してまたまた言葉が出なくなった。


続きを読む

第9回 この時間を避ける



151117










日経平均19,630.6
TOPIX1,586.1
騰落レシオ118.4%
RSI64.0%
乖離率1.23%
売買指数70




林野は車庫に戻り、車内清掃等決められた作業をサッサと済ませて事務所を出ようとしたところ、奥に居た社長が声を掛けて来た。




「林野、今日はやけに急いでるな。」




社長は、父親の古くからの友人であり、職の無かった林野に、タクシードライバーの仕事をくれた恩人である。




「スミマセン、今日は待ち合わせがあるんで。足りないことがあれば、明日の朝にやりますんで。」



「いいよ。林野はいつも丁寧やから。今日くらいは大目に見たるよ。」



「ありがとうございます。では、お先に失礼します。」



「ガンバってな。」




事務所を急いで出て、早足で京都駅行きのバス停に向かう林野であった。


バスに乗って、一息ついたところでふと気付いた。


社長に『ガンバってな』と言われたけど、何を頑張るのだろうかと!?




続きを読む

第8回 逸っても焦ってはダメ!!



151116








日経平均19,393.7
TOPIX1,571.5
騰落レシオ119.5%
RSI62.3%
乖離率0.26%
売買指数34



林野は、『期待しない』、『期待しない』と自分に言い聞かせていた。


自分みたいな男が彼女を誘って断わられるのは当然であり、受けてくれる方が奇跡である。


だから、期待して断わられた時の心理的ダメージを受けないために、予防線を張ると言うのが、林野の今の性格であった。


だから、かなり軽く『オレで良かったら、教えますよ。』と、彼女に言ったのである。


断わられたら、笑いに変えられるように。


が、林野の予想は、良い方へと大幅上方修正された。


それも、ストップ高連発くらいに!








続きを読む

第7回 チャートは毎日見た方がいい



151114









先週は、予想通り上値が重かった日経平均である。


右肩上がりの日足は、+2σが19,900円、+1σが19,345円までキレイな上昇トレンドを描いている。


しかしながら、今週の週足+1σは19,000円前後、+2σは19,600円前後にまで下落して来る。


つまり、現値19,596円は+2σとほぼ同値になることから、週足ベースではかなり上値は重いと予想できる。


また、下値は+19,000円前後まで許容できることから、ある程度の調整は容認できる位置となる。


結果としては、日足のトレンドが一旦崩れるかどうかということがポイントとなるだろう。


崩れれば短期調整に入る可能性が高まり、崩れなければ押し目で終る。


どちらになるかは、現段階では判別できない。



続きを読む
最新コメント
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
楽天市場
メンバーリスト
  • ライブドアブログ