林の錬金術師

徐かなることは林のごとく・・・・・

第13回 9861吉野家D&C



イベント投資というのは、初心者投資家にとってはリスクが少なく、会得し易い投資方法である。


特に優待イベント投資は、資金量が大きい玄人が手を出さない上、優待目当ての素人が買いに入ることで、初心者でも儲け易いのである。


優待イベント投資は、9684スクエニのドラクエ的に言えば、スライムと戦うみたいな投資法の基本である。

 



「じゃ、優待イベント投資の具体的な方法に入るよ。」



「はい。」




返事しながら、結衣が身構える。


優待イベント投資は、権利日に向けて権利取りしたい投資家の買いを集めながら、ゆっくりと安定的に上昇していく銘柄を、権利日前に売却してキャピタルゲインを得る初心者向けの投資方法である。


過去チャートを確認して、該当銘柄が騰がり始めたところで仕込むのが基本的である。




「まず、権利月の3ヶ月前から上がり始めるのが基準。ただし、相場状況とか、銘柄の性格とかで、4ヶ月前だったり、2ヶ月前だったりする。」




下を向きながら必死でメモる結衣。


その姿を見ていると、つい微笑ましくなり、にやけてくる独身中年男である。



続きを読む

第12回 本当に下がるときは売れなくなる



151122











先週の日経平均は、週足+2σの19,849円に上値を抑えられる展開であった。


先々週に予想した-2σの値より実際が高かったことから、週末にかけて高く引けることができた。


今週は、週足+2σがやっと右肩上がりに転換するため、週足ベースの上昇トレンドに移行することが期待できる。


日足の-1σを支持線として、強い展開を期待したいところだ。


危惧するのは、日足ベースの指数の多くが買われ過ぎを明示しているところである。


売買代金が少ないことから短期調整を挟む可能性はあるが、月末の強気の週でもあり、このまま年末高に向けて動く可能性の方が高いと考えている。


続きを読む

第11回 何のために聞いてるんだろ?






151120











日経平均19,879.8
TOPIX1,603.2
騰落レシオ127.2%
RSI77.8%
乖離率1.25%
売買指数135




京都駅前には、株主優待が使える飲み屋は少ない。


3178
チムニーの『花の舞』くらいで、あとは食事できるところで3387クリレスの『伊之助』が伊勢丹の11階、『モンテロマーノ』が駅前地下街、3068WDIの『カブリチョーザ』も同じく駅前地下街にある。


この夏までは、
3063JGの『薩摩はやと』もあったが、撤退してしまった。

 




「あ、あたし、なんこつ唐揚げと揚げ湯葉のサラダ、それに刺身7点盛りしか注文してませんけど。」




彼女は、思い出したようにメニューを広げて、指さしながら林野に説明し始めた。




「あ、オレなら大丈夫です。基本、飲んだら食べませんから!」



「え、飲みだけですか?悪酔いしません?」



「大丈夫ですよ、それにちょっとは突かせて貰いますから。それより赤松さん、好きなもの注文して下さい。」




言いながら林野は、自分の方に向けられていたメニューを、彼女の方に向け直した。




続きを読む

第10回 投資は1%のセンスと99%の努力


151119











日経平均19,859.8
TOPIX1,600.4
騰落レシオ132.2%
RSI80.3%
乖離率1.51%
売買指数99



京都の繁華街は四条河原町、祇園、先斗町界隈である。


京都駅はそこから大きく外れ(市バスで6停留所分)ており、飲み屋とかも余り無かったが、ここ最近の京都駅前の再開発で増加しているのである。

 



「お待たせしました。」




店員が、林野が注文した生中を持ってきてくれた。




「じゃ、かんぱーい!」




言いながら二人はジョッキを合わせた、直後に、




「おつかれさまぁー。」




と、彼女が付け加えてくれた一言を嬉しく感じるのが独身中年男の証である。




「あたし、証券会社の人って、みんな投資のプロだと思ってました。」



「僕もプロだと思ってましたよ、その頃は。でも、実際投資やったら、それが勘違いだと思い知らされました。」




苦笑いしながら、林野が言う。




続きを読む

第10回 基準が大事



151118











日経平均19,649.2
TOPIX1,586.5
騰落レシオ117.9%
RSI80.7%
乖離率0.87%
売買指数46



『花の舞』は、3178チムニーの主力業態である。


通常店舗は『はなの舞』と言うのだが、何故か京都駅前店は漢字である。




「早かったですね。もう少しかかるのかと思ってました。」




彼女が先に話し掛けてくれた。


林野は、何から話し掛けようかと迷っていたところだったので、ラッキーと思った。




「バス停に着いたら丁度バスが来たんで。」




『早足で急いで来た』と言う事実は、当然林野は心にしまい込んだ。




「運が良かったですね。」

 


「はい、あ・・・。」




ニコッと笑いながら彼女が返してくれたので、林野は彼女の笑顔に見とれて、ついつい緊張してまたまた言葉が出なくなった。


続きを読む
最新コメント
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
楽天市場
メンバーリスト
  • ライブドアブログ