170223







日経平均19,371.5
TOPIX1,556.3
騰落レシオ113.3%
RSI62.7%
乖離率0.33%
売買指数133



よろずのが笑いを浮かべるのを見て、『何があるんだろ?』と不安に感じた林野は、思い切って理由を聞いて見た。


「何か面白いこと言いました、僕?」

「何で?」

「いえ、よろずのさん、今笑ったように見えたんで。」






よろずのの表情を伺うように話す林野の心中を知ってか、知らずか、戯けるようによろずのは答えた。


「いや、お前、やっと真面目に取り組む気になったんやと思って、可笑しかっただけや!」

「えっ、そんなことないですよ。以前から真面目に取り組んでますよ。遊び半分ではやってないです。」

「そんなことない訳ないやろ。今頃になって焦って新しい投資法云々と言ってること自体が、証拠やろ。」

「はぁ・・・。」


反論出来ない状況証拠を突きつけられて、トーンダウンする林野である。


「吹き値売りを教えた時に、これは簡単やけど上昇相場でしか使えん。これが使える間に、下降相場になっても使える投資法を身に付けろと言うたよな。」

「はぁぃ。」

「そやのにお前、吹き値売りで儲かるようになったら、それで満足して真面目に研究せんようになったよな。」

「はぁぃ。」

「本当やったら、この2年の間で、何とかなってたはずや、そう思わんか?」

「それは思います。」

「今頃になってヤル気になったから笑っただけや。まぁ、長期上昇トレンド復活したし、まだ吹き値売りは使える場味になってる。だから、今回は途中で投げ出すなよ。」

「はい。」


心なしか励まされた感じがした林野である。


「ふーん、で、お前にそう言う決意をさせたんは、赤松係長か?」

「ちっ、違います。僕自身の決断です。赤松さんは関係ありません。」


急に結衣の名前が出て、はいそうですと言いそうになった林野であった。




①勝負は、拙速を好む

 

②固まってはならない

 

10戦3勝7分を目指せ

 

④小損は大損の仇なり

 

⑤勝てると信ずるべし