170302







日経平均19,564.8
TOPIX1,564.7
騰落レシオ111.8%
RSI55.9%
乖離率1.31%
売買指数127



RSIは、『Relative Strength Index』の略である。

『Relative Strength Index』を単純に和訳すれば、『相対的な強さの指標』となる。

つまり、RSIは、絶対的ではないのである。




相対的とは、他との関係、比較により成り立つものである。

RSIでの他とは、当然のことながら、自身の過去と言うことになる。

だからRSIで数値化されているのは、自身の過去と比べて買われているか、売られているか、と言う事実だけになる。



RSIは、過去の一定期間の終値ベースの上昇幅を、上昇幅と下降幅の合算で除して算出された数値を100分率で表示する。

当然ながら、50%が中央値となる。

また、100%はその期間下落しなかったことを意味し、0%はその期間上昇しなかったことを意味する。

つまり、数値が大きければ大きいほど、期間内の上昇幅が大きかったことを意味する。

だからRSIそれ自体では、投資指標と機能させるのは難しいのである。



RSIを利用したチャートで意味があるのは、『逆行現象』と呼ばれるものである。

逆行現象は、オシレーター系と言われる指標には共通して発生する現象である。

指数が上昇しているのに株価が下落している、指数が下落しているのに株価が上昇している、ような現象を逆行現象と言う。

これは、それぞれの上昇、下降のエネルギーが減少していることから生じる現象であるため、後に株価が指数を追いかけることになる。




①勝負は、拙速を好む

 

②固まってはならない

 

10戦3勝7分を目指せ

 

④小損は大損の仇なり

 

⑤勝てると信ずるべし