170405







日経平均18,861.3
TOPIX1,504.7
騰落レシオ88.4%
RSI33.0%
乖離率△0.93%
売買指数0



トランプ相場の終焉が近づいていると言われている。

そろそろと言われ出しているが、そもそもの開始は11月である。

5ヶ月ももったいと言う方が正解だろう。






ここからが、年に2~3回ある買い場の到来と考えて良い。

材料的にはドル円中心に判断することになるが、よろずのはあくまでテクニカルである。



チャート的には、週足ー2σを下回ったことから、調整一巡感が出ている。

騰落レシオは、80%すら下回っていないことから、まだまだ下落余地がある。

日経平均のRSIは30%割れであり、もう一声である。

乖離率は-1.5%となっていて、底打ち機運にはなっていない。

そして最も大事な売買指数は、マネッ○ス証券の拝金主義の為に、データが取れなくなっている。



以上を勘案すると、下げ止まる可能性はあるものの、確率的には弱い。

もう一段落ちて、騰落レシオ80%割れ、RSIが20%台前半となれば買い易くなる。

ついでに乖離率が-4%を上回ってくれればと思う。

そこまで引きつけられるか、ガマンできるか、それにより得るものが違ってくるのである。




①勝負は、拙速を好む

 

②固まってはならない

 

10戦3勝7分を目指せ

 

④小損は大損の仇なり

 

⑤勝てると信ずるべし