170613







日経平均19,898.8
TOPIX1,593.5
騰落レシオ98.8%
RSI60.3%
乖離率△0.16%
売買指数54



デイトレの成果が上がらない林野は、2351ASJの吹き値を見て、元のやり方に戻そうと思った。

が、当然ながら2351ASJは既に高値である上、他の銘柄も多くは買われている状況であった。

つまり、暫くは元の投資に戻れないのである。








そこで、普通なら、もう一度デイトレを試せば良いのだが、林野はそうはしなかった。

彼にとってデイトレは、想像以上に消耗が激しく、消耗に見合った結果が全く伴っていないと考えていた。

つまり、実のところ、デイトレを止める理由を探していたのであり、その理由を2351ASJが与えてくれたのであった。




「お久しぶりです。」


いつものように六条河原町にある枳殻邸の横で休憩していると、久々に結衣からLINEが入った。


「いつものところに、16時にお願い出来ますか?」


林野の返信を待たずに、続きのコメントが入って来た。


「あ、分かりました。大丈夫です。」


林野は、直ぐに返信コメントを入れたのだった。




最近の京都は相変わらずである。

観光客でごった返し、土日の京都駅なんぞは、人が方向性を持たずに動いているため、ゴミのようになっている。

が、ここ最近涼しいからか、歩く観光客が多く、それほど林野も忙しく無かった。

ま、忙しくても、結衣の頼みは絶対に断らない林野なのだが・・・。




 

①勝負は、拙速を好む

 

②固まってはならない

 

10戦3勝7分を目指せ

 

④小損は大損の仇なり

 

⑤勝てると信ずるべし