170616







日経平均19,831.8
TOPIX1,588.1
騰落レシオ95.1%
RSI58.3%
乖離率△0.67%
売買指数38




二人とも、ちょうど3387クリレスの優待券が到着したところだった。

そこで店は、京都駅地下街のポルタにある3387クリレス系のイタリアンレストラン『MONTE ROMANO』にした。

いつもは、四条烏丸のかごの屋で優待券を消費している林野にとっては、初めての店であった。









「僕、ここ初めてなんですけど、女の子多いですね。」

「あたしも初めてなんです。まぁ、飲んでたら気になりませんよ。」

「そうですね。」


などと小声で話した2人だが、メニューを見ると、アルコールはビールとワインくらいしか無かった。

『うーむ、さすがに店選びに失敗した』と、ちょっと凹む結衣である。

その結衣の表情に気付いた林野は、すかさずメニューの一部を指差しながら、結衣に提案した。


「せっかくだから、ボトルワイン注文しません?僕、ワインも好きなんですよ。」

「あ、いいですね。」


ニコッと笑いながら結衣は答えた。


ワインと料理を注文して、一息ついた頃、結衣が話題にし難いのかと感じた林野は、自分からよろずのの話題に振ってみた。


「それで、よろずのさんの愚痴は?」

「ああ、あれ、あははは~。」


急に笑い出した結衣である。


「実は、LINEで萬野くんの名前を騙ったのがバレちゃったのよ、林野さんのせいで。」

「えっ、僕のセイですか?」


心当たりの無いことを言われて、焦る林野であった。




①勝負は、拙速を好む

 

②固まってはならない

 

10戦3勝7分を目指せ

 

④小損は大損の仇なり

 

⑤勝てると信ずるべし