170720







日経平均20,144.6
TOPIX1,633.0
騰落レシオ118.1%
RSI56.6%
乖離率0.37%
売買指数130



今年も、明日にやって来た。

『何が?』かと言えば、名証IRである。

吹上ホールで、名古屋証券取引所に上場している各社が、IRを行うのである。








名証IRは、かなり以前からやっているらしい。

らしいと言うのは、よろずのが師匠から聞いた話であるからだ。

何でも師匠は、ITバブルが崩壊した直ぐ後から参加していたらしい。

当時は、来場者も少なく、手当たり次第にお土産品を渡していた。

最近は、そういうことも少なくなり、イマイチ面白みが減っていると言うことである。


「お土産品の内容で、どういう会社か?IRに積極的なのか?今後どうしたいのか?などが分かったんだけどねぇ~。」


とは、師匠の言葉である。

『そうだよなぁ~』とよろずのが思っていたら、更に師匠は付け加えてくれた。


「何でも真面目にやると、情報が絞られるんだよ。余り関係無さそうなところが、実は本音の情報が見えるんだよ。」


師匠のこう言う話は面白いとよろずのは思う。

だからついつい聞き入ってしまうのである。


「セントレックス市場が出来た時は、玉石混交で面白かったなぁ~。なんせ、今から思えば口の上手い経営者が、積極的にIRしててさ。素人投資家の資金を集めようと必死だった。まぁ、殆どがリーマンショックで消えたけどね。」


師匠は笑いながら話していたが、その会社に投資した人は、その後どうしたんだろうと、駆け出しの頃のよろずのは、思ったのだった。





①勝負は、拙速を好む

 

②固まってはならない

 

10戦3勝7分を目指せ

 

④小損は大損の仇なり

 

⑤勝てると信ずるべし