170725







日経平均19,955.2
TOPIX1,617.1
騰落レシオ109.7%
RSI51.6%
乖離率△0.58%
売買指数96



師匠が店は何処でも良いと言ったので、3073DDの米門にしたよろずのである。

いくら何でも、2762三光MFの店舗みたいなその辺りにある安い居酒屋は師匠には論外だろうと思ったのである。

まぁ、手元に優待券が無かったことの方が、理由は大きかったのだが・・・。








よろずのが知りたかったことは、師匠も知りたいらしい、

残念だと思いつつ、せっかくだから他のことも聞いてみようと思うよろずのであった。




「確か、長期のインカム狙いで、好優待、高配当銘柄の投資してましたよね。」

「ああ、してるよ。」

「売らないんですか?」

「基本はね。」

「どんなに騰がっても!?どんなに割高になっても!?」

「そん時は売るよ。」


師匠は、よろずのの話し方から意図を察してくれたようであった。


「例えば売る基準って、どんなんなんですか?」

「そうだなぁ~。オレが平均寿命だけ生きれたとして、あと30年とする。配当+優待で、年間10円の銘柄があったとして、30年間で300円。だから、次の長期トレンドの下落で、300円以上下がると考えたら利食うかな!?」

「はぁ。」

「あ、分かり難いよな。そうだ、今悩んでるのが4337ぴあ。年間5千円の図書券と2千円の配当がある。つまり、年間で7千円だね。それが30年だから、7千円×30年で21万円。今の株価が4,000円で単元株40万円だから、単元株19万円以下。つまり株価で1,900円以下まで下がりそうなら売るかなってこと。」

「なるほどぉ~。」


師匠の説明に納得したよろずのであった。




①勝負は、拙速を好む

 

②固まってはならない

 

10戦3勝7分を目指せ

 

④小損は大損の仇なり

 

⑤勝てると信ずるべし