170805
調整中の日経平均である。

調整しているのに下げないので、なかなか実感が沸かないのだが・・・・。



今週の週足+2σは20,750円程度、+1σは20,200円程度となり、現値19,952円は下値支持線を下回っていることから、調整中となる。

通常なら、支持線を下回ったところで下落速度が加速するのだが、今の相場はそういう動きをしないらしい。

だから、調整中という実感が沸かない。



そこで下値目処だが、先週からの引き続きで週足基準線の19,600円程度から月足+1σの19,400円、つまり19,500円前後という可能性が高い。

それ以上の下値は、今の動きを見る限り確率は高くないが、何らかの悪材料で仕掛けられれば、週足-1σの19,000円、週足-2σの18,500円、月足基準線の18,000円も有り得ることは、心の隅に留めて置きたい。








何度も言うが、資産が増えているなら、現段階では成功である。

注意すべきは資産の減少であり、次の変化の後である。

林野は、その部分を正確に理解していないのである。




「資産が増えてるってことは、ちゃんと損切り出来てるんだろ!損切り出来てたら、成功しなくても資産はゆっくり増えるんだよ。そもそもお前が納得する成功条件がたかすぎるんだよ。どうせ1万円儲けたら成功とか考えてるんだろ!今のままあと半年やれ!次の質問はそれからや!」


LINEにしては、かなり長文で返したよろずのである。

今は色々言うより、やり続けさせて、成果を実感させることが良薬だと判断したよろずのである。

ところが、林野は、よろずのが思っているより重症だった。

林野は、直ぐにLINEを返して来たのである。


「例えば、前日の新興市場の上昇上位銘柄をやるってのはどうなんでしょうか?」


『理解してね~、こいつ!』とよろずのが思ったのは言うまでも無い。

だから半ば脅しを加える。


「瞬間に10万円の損になっても、お前が躊躇わずに損切り出来たらな!」


急に言葉が変わって『ヤバ!』と感じた林野であった。




①勝負は、拙速を好む

 

②固まってはならない

 

10戦3勝7分を目指せ

 

④小損は大損の仇なり

 

⑤勝てると信ずるべし