170908







日経平均19,274.8
TOPIX1,593.5
騰落レシオ96.4%
RSI46.1%
乖離率△0.94%
売買指数△16



下手なヤツほど待てない。

これは、全ての勝負に対して共通で言えることである。

如何に引き付けることが出来るかが、勝利の鍵となるからである。







「なぁ長谷部。」

「うん?」

「それって、打診買いも含めてってよろずのさん言ってたか?」

「さぁ?そこまで細かいことは、聞いてないかな。」

「多分打診買いは関係ない。仕込みを遅くすればそれだけリスクが少なくなるから遅くしろと言ってるのだと思う。でも、打診買いは買いを躊躇するリスクをヘッジする為だから、遅くするのとは関係無いと思うぞ。」


直之が諭すように言う。

直之自身、始めた時は、機会を狙い過ぎて見逃し、焦った挙句に高値掴みと言うことが多々あった。

だから、それをしないように腐心した経験があったのであった。


「そうかなぁ~。」

「だってこのままならお前、機会損失になるぞ。デイトレでもな、最初の一手は重要なんや。最初の仕込みで取れるか、取れないかは、その後のモチベを大きく左右する。だから、最初の一手は必ず取れるようにと慎重になる。でもな、慎重になっても取れん時は取れんもんなんや。だから、神経質になっても余り意味ないぞ。」


直之が、自分のことを話すのは、珍しいことであった。




①勝負は、拙速を好む

 

②固まってはならない

 

10戦3勝7分を目指せ

 

④小損は大損の仇なり

 

⑤勝てると信ずるべし