171130







日経平均22,725.0
TOPIX1,792.1
騰落レシオ106.5%
RSI61.9%
乖離率1.27%
売買指数82




「うわっ、人多いなぁ~。」


地下にある阪急大宮駅の地上に上がった結衣は、想像以上の人の多さにビックリしていた。

林野にとっては見慣れた景色でも、久々に京都に来た結衣にとっては、目算が狂うのである。






四条大宮の小さいバスターミナルは、観光客で溢れていた。

これまでなら待たずに乗れたタクシーは、タクシーでなく、客が並んでいた。

『どうしよう?間に合わないかなぁ~。』と少し心配した結衣であったが、上手い具合に流していたタクシーを見つけることが出来て、ホッとしたのだった。


「やっぱり次から一本早いのに乗らないとダメだなぁ~。」


余りの人の多さに、タクシーが拾えなかったとしての結衣の反省である。

まぁ、一本早い電車と言っても、この時間の梅田発河原町行きの特急は、10分に1本あるのだが・・・。




さて、林野は、結衣からLINEを貰った時点で、予約車に切り替えていた。

休憩が取れなかったことから、ここで休憩を入れようと思ったのである。

中途半端な客を捕まえて、結衣の時間に間に合わず、他のタクシーに代行を頼むのは、絶対に避けたいことであった。

いつも通りに、西院にある待ち合わせ場所近くの公園で、ゆっくりする林野であった。

ふと時間を見ると、引け直前であった。

何気にスマホを見て見ると、引けに掛けて日経平均が上昇していた。

『今の相場は、午後からも面白そうだなぁ~。』と思う林野であった。




①勝負は、拙速を好む

 

②固まってはならない

 

10戦3勝7分を目指せ

 

④小損は大損の仇なり

 

⑤勝てると信ずるべし