180208







日経平均21,890.9
TOPIX1,765.7
騰落レシオ91.7%
RSI19.7%
乖離率△4.41%
売買指数△424



さて、話は戻る。

ドリンクを注文して乾杯をした4人である。

そして、料理を頼んで一段落した頃。

まずは中村から口を開いた。








「先輩、どんなこと説明しました?」

「うーん、さわり程度かな?」


結衣が答えた。


「じゃ、2度聞くことになるかもしれないけど、基本から話しますけど良いですか?」

「お願いします。正直、萬野くんの話は、ぶっ飛んでて、理解が追いついて無かったから。」


今度は斯波が答えた。


「わかりました。じゃ、まず最初に理解して貰いたいことは、基本的に日本人は、投資家に向かないんと言うことです。理由は、日本人の核となる日本文化の基礎は農耕文化だからなんです。」

「農耕文化?」

「日本史の時間に、縄文人が狩猟文化で、縄文人を押し退けて日本を奪った弥生人は農耕文化って習いましたよね。」

「えっ、ええ・・・。」


良く意味が分からず、相槌に躊躇う斯波である。


「縄文人は、弥生人に追われて日本の南北に逃げて、アイヌ人と琉球人の祖先になったと言われていて、弥生人が今の日本人の中心となる大和人になったと言われています。だから日本文化の基礎は農耕文化から発展したことになります。」

「へぇ~、そうなんだ。」

「その農耕文化には、投資に向かない2つの文化があるんです。その1つが、団体行動をして、大事なことはリーダーが決めて、自分では決めないと言うものです。」

「自分で決めない?」

「そうです。決めると言うことは、責任を負うと言うことです。日本人は、団体で、集団で行うとことを文化として持っているため、責任が曖昧になるんです。」

「うん。」

「えっと、斯波さんは、自分の行動には全て責任を持ってますか?」


徐に、名指しで尋ねる中村である。

それに対して斯波は、正直に答えた。


「そりゃ、当たり前じゃない、人として責任転嫁みたいな恥ずかしいことはしないわ。」

「そうですよね。でも、その答えだから、先輩は僕に説明するよう言ったんですよ。」


戸惑う斯波を他所に、『中村くんの話し方、萬野くんそっくり!』と思う結衣であった。





①勝負は、拙速を好む

 

②固まってはならない

 

10戦3勝7分を目指せ

 

④小損は大損の仇なり

 

⑤勝てると信ずるべし