180213







日経平均21,244.7
TOPIX1,716.8
騰落レシオ76.5%
RSI18.0%
乖離率△5.48%
売買指数△468



『兵は拙速を好む』とか、『兵は拙速を尊ぶ』と言う。

これは孫子の一節であり、兵法家の間では有名である。

ただ、その真意を理解している者は少ない。









「でもね、いくら仕事が早くても、内容が拙かったら、元も子もなくない?」


斯波が中村に尋ねた。


「仕事も、投資も当然同じです。」

「じゃ、なんで、そんなバッタみたいなのが良いのよ!?」


せっそく→節足(動物)→バッタと思考が飛んでる斯波である。


「それはですね、斯波さんが投資に於いて成功と考えているレベルが、極端に狭いからです。」

「えっ、そんなこと無いわよ。あたし、そんなに自分が優れていると思わないし、世間一般的なレベルだと思うわよ。」


口を尖らせた感じで斯波が言う。


「だからです。世間一般の人たちが成功と考えるレベルが、極端に狭いんです。だから、斯波さんも狭くなる。分からないですよね。」

「う~ん。」

「だから、僕なんですよ。」

「そう言われたたら、言われてることはなんとなく分かるような気がするんだけど、なんかムカつく!」

「先輩が言うには、ハイリスクの世界と、ローリスクの世界では、考え方を逆転させないと通じない部分があるそうです。日本ってかなり平和ボケしてて、ローリスクの世界じゃないですか!?それも、日本人が投資に向かなくなってる一因なんです。」


『あ、またその話なんだ。』と思いながら、一人静かに料理に手を伸ばす佳奈であった。




①勝負は、拙速を好む

 

②固まってはならない

 

10戦3勝7分を目指せ

 

④小損は大損の仇なり

 

⑤勝てると信ずるべし