180302
二番底形成中の日経平均である。

そこで今週は、週足-2σが21,100円程度まで上昇して来る。

つまり、先週末の最安値である21,088円はこれを下回っているため、そろそろ下げ止まっても良い水準である。

ただ、今週末はプチSQであることから、急反発の動きは余り期待できないだろう。

それでも、ここから先は下げれば下げるだけ買い増しても良い水準であることから、更なる急落があれば、弱気にならず、強気に買い増したいところである。









「美波さんの話は、そんなに変なことなんですか?」


結衣が尋ねる。


「PBR、PER、ROEって相関関係があるって説明したでしょ。美波はその中の2つを利用して銘柄を選んでたのに、今度は3つを利用するって。どうなると思う?」

「相関関係があるってことは、余り意味が無い、ですか!?」

「余りと言うか、多分全然無いと思う。」

「どうしてそんなこと言い切れるの!?」


堪らず美波が口を挟む。


「ROEは、PBRが高いか、PERが低いかで、高くなる。つまり、ROEが高くて、PBRが低いのを同時に満たすのは、矛盾してるんだよ。」

「でも、PERがメッチャ低くかったら、PBR低くても、ROEは高くなるじゃない!!」

「普通に考えて、メッチャ低いPER銘柄って、どうしてそう言う状況にあると思う?」

「どうしてって、どうして??」

「はいぃ~~??あんなぁ~、そんな状態になっても買われない明確な理由が他にあるからだよ。そう言う銘柄はROEとかで計れない世界にある銘柄だから、それをROEとかで計ろうとしても意味が無いって、言ってんの!」


さすがに、言葉遣いが荒くなる林野である。

『美波ってこんなにザルだったっけ?』と思うのである。


「そっか、そうよね。林野、アタマ良くなったなぁ~。」


そんな林野の思いを知ってか、知らずか、林野の頭を撫でながら笑顔で言う美波であった。




①勝負は、拙速を好む

 

②固まってはならない

 

10戦3勝7分を目指せ

 

④小損は大損の仇なり

 

⑤勝てると信ずるべし