180408









 +2σ+1σ基準キジュンセン-1σ-2σ
シュウアシ今週コンシュウ24,30023,30022,30021,35020,400
先週センシュウ24,30323,33822,37221,40620,440
ツキアシ今週コンシュウ23,81221,97720,14318,30816,474




週足VBは、下方向に拡大の動きに入った。

暫くは、上値取りが難しい展開になると予想される。


週末の上昇で、先週の週足-1σである21,406円を上抜けた。

今週の週足-1σは21,350円と若干下がると予測できるため、この値を維持できれば、目先の高値を取りに行く展開になる。


反対に、この値を維持できなければ、再度の下値模索となるだろう。

この時の目処は、週足-2σの20,400円、月足-1σの18,300円と考えられる。

しかし、企業業績の好転と、政策的な下支えがあることから、20,000円割れは余り考えられない。










「課長補佐から先輩にとりなして貰えれば、大丈夫かな。」

「ヤッタ!!」


思わず二人でハイタッチをする結衣と渋川。


「僕は、孫子を学ぶ手段として先輩から投資を教わっただけですから、先輩みたいに上手に教えられませんよ。」

「大丈夫、大丈夫。」


こう言いながら、『萬野くんって、そんなに教えるの上手かったかな?』と思う結衣である。



「僕は、作戦レベルでの勝利を得る投資しか分かりませんよ。先輩みたいに、戦術も、戦略もってのは、無理ですよ。」

「作戦??」


結衣が尋ねる。


「例えば、秀吉と家康が戦った唯一の合戦の小牧長久手の戦いです。初戦で破れた秀吉は、なんとか小牧山の前で、膠着状態にまで持って行きました。つまり秀吉は、戦術レベルで敗退したんですね。その秀吉は、勝つために、一部隊を迂回させて、家康の居城である手薄な浜松城を攻撃して、家康を引かせようとした。しかし、その迂回した部隊は家康に見つかり、長久手で全滅させられた。これが戦略レベルなんですが、それも秀吉は破れたんです。そこで更に負けたくない秀吉は、この戦いの家康方の原因である織田信雄と和睦して、家康から戦う根拠を奪って、家康を撤退に追い込んで、最終的に勝利した訳です。これが作戦レベルです。」

「あ、そう言う意味なのね。」

「どう言う意味なの?あたしにはサッパリだわ。」


理解した渋川と、五里霧中の結衣。


「つまり、秀吉は負けても負けても、その負けを帳消しにする戦いをしたってことです。上位の戦いは、下位の戦いを駆逐することになりますから。」

「あたしには、次々に新たな作戦を立てただけにしか思えないんだけどなぁ~。」

「ま、結衣にはあたしが説明するから大丈夫だよ。ゆっくり理解して行こ、結衣の苦手な歴史を!」


『うわっ、新たな問題が出た!』と思う理系出身の結衣であった。




①勝負は、拙速を好む

 

②固まってはならない

 

1037分を目指せ

 

④小損は大損の仇なり

 

⑤勝てると信ずるべし