180712








日経平均22,188.0
TOPIX1,709.7
騰落レシオ76.3%
RSI47.9%
乖離率1.02%
売買指数△45




「人の命を、お金と同じように考えるのは、ちょっとどうかと思うんだけど。」

「人の命をお金と同列に扱ってるんじゃなくて、お金を人の命と同列に扱ってるんです、僕らは!」

「はい???」







優しく諭そうとした結衣に、予想外の回答で応じる中村であった。


「先輩の投資の根本は兵法です。お金を兵に見立てて、相場を生き抜く方法を探ってるのが先輩です。それで、僕もその方法を学んでるんです。」

「あ、そうだったね。」

「兵をお金に見立ててて、そのお金を再び人に見立てたからって、不謹慎になりますか?」


考え込む結衣。

が、ここで引き下がるのも、余り良くない感じがしたので、敢えて食い下がった。


「うーん、でも、それはへ理屈っぽくない?」

「課補がそう言われるなら止めます。けど、あくまでリスクマネジメントの話をしてるだけです。理解しやすいように、投資を題材にしただけで、他意は無いです。」

「それは、分かってるわよ。」

「まぁ、だから、自分が住んでいるところには、どういうリスクがあって、どうやってもたらされるかを、知っておかないとダメなんですよ。」

「どうやって?」

「今回で言ったら治水の基本は、ダムと堤防なんですね。それで、気をつけるべきは、ダムの越水ではなく、決壊になるんですよ。じゃ、ダムが決壊する時って、どんな時か分かります?」


佳奈の方を見ながら、疑問形で言う中村。


「えっ、あたし??そうね、テレビで見たけど、スッゴイ勢いの土石流が発生した時?」

「それは、川が埋まる時で、決壊する時とは違います。決壊する時は、水が流れなくなるんです。」

「あれだけ雨が降ってて流れないって・・・。あ、それは土石流で埋まったから?」

「違いますよ。危ないのは二つの川の合流地点です。大量の水が流れて来たら、川の合流地点では、勢いの弱い方の川の水が流れ込め無かったり、下手をすれば勢いの強い方の川の水が逆流したりします。下流では流れないのに、上流からはドンドン水が流れて来る。すると下流では、水が流れないことからドンドン水位が上がって来る。そして、越水、決壊となるんです。」

「へぇ~~。」

「それとダムのメカニズムも知る必要があります。ダムは放水量を調整してダムの決壊を防いでいるんですが、ダムの調整能力を超えたら、超えた分だけが多く流れて来ると思ってません??」

「思ってる。」

「違いますよ、調整能力を超えた時点で、ダムは無かったものという扱いになるんです。ダム自身を決壊から守る為に。だから、ダムの状況と、水流の状況は、常に把握できるように手配しておくべきなんです。今はどっちも、HPで公開されていますからね。だから、そういう場所に住んでいるなら、これ位の知識を持って、水害に備えるべきだと思うんです。」


『中村君も、リスクマネジメントには手厳しいなぁ~』と思う結衣であった。




 

①勝負は、拙速を好む

 

②固まってはならない

 

1037分を目指せ

 

④小損は大損の仇なり

 

⑤勝てると信ずるべし