180730








日経平均22,544.8
TOPIX1,768.2
騰落レシオ106.5%
RSI61.6%
乖離率△0.37%
売買指数231




よろずのと目が合った瞬間・・・・・。

目を逸らして、肩が小刻みに揺れる林野である。

渋川と同じ病のようだ・・・・。





「おっ、お久しぶりです。」

「・・・・・・。」


挨拶する林野を、鋭く睨み付けるだけのよろずのである。


「よろずのさん真っ黒ですね。」

「さっき言われた。」

「体も引き締まってません!?」

「それも。」


話題を作ろうとする林野を、尽く一刀両断するよろずの。


「まぁ、まぁ、萬野くん、そんなに尖がんないで!!全員揃ったから、ドリンク注文しましょ。」

空気を読んだ結衣が、なんとかよろずのを取り成そうと、注文に話を流したのである。




さて、ドリンクが来て、乾杯が終わった。

ここでみんなの胸中を察すると・・・・・。


よろずのは、単に飲みたいだけである。

中村は、香澄に教えられたことを、よろずのに相談したい。

林野は、デイトレの要点の確認をしたい。

結衣は、スイングの要点の確認をしたい。

渋川は、とり軟骨にしようか、から揚げにしようか悩んでいた。



そして最初に口を開いたのは、渋川であった。


「萬野くんは、軟骨派??」

「いいですね。」


『そんな質問どうでもいい!!』と思う3人であった・・・・。





 

 

①勝負は、拙速を好む

 

②固まってはならない

 

1037分を目指せ

 

④小損は大損の仇なり

 

⑤勝てると信ずるべし