170625
エネルギー蓄え中の日経平均である。

先週は、週足+2σの20,356円に上値を抑えられた。

さて今週は、週足+2σが20,500円近くまで上昇するため、上値余力が広がる。

そしてここからが勝負となる。

今回の長期上昇波動の高値は20,952円であり、20,500円超が上値抵抗帯となる。

この抵抗帯を突破し、21,000円を超えて25,000円を目指すには正直売買代金が少ないと思うが、今の官製相場では高値を取れるのかもしれない。





続きを読む